記事一覧

現場歳時記TOP

新築戸建(10)~上棟~【久比里Y邸】

足場を組み、いよいよ上棟です!


ファイル 81-1.jpg

ファイル 81-2.jpg



ファイル 81-4.jpg
梁組をどうぞご覧下さい。



ファイル 81-3.jpg
こちらの家は荷重がかかる箇所は、二本の梁を合わせて二重にしています。
その下の柱も、二本合わせて上の二本の梁を支える特別な施工をしました。





ファイル 81-5.jpg
土台は白蟻に食べられないように防虫土台となっています。
柱には墨で番付けされています。

新築戸建(9)~土台敷き~【久比里Y邸】

基礎の型枠が外れたので、土台敷きの施工となります。



ファイル 82-1.jpg
ファイル 82-2.jpg





ファイル 82-3.jpg
建てる前に安全に先行足場を組みます

新築戸建(8)~刻み加工~【久比里Y邸】

ここで弊社の材木加工をご紹介します(^^)

ヨシオカでは工場でのプレカットではございません。
(現在ではほとんどがプレカットによる工場生産になっています)

弊社の職人が1本1本角材に墨付けをし、手刻みで加工しています。
墨付けと手刻みは職人の基本です。





ファイル 83-1.jpg
ファイル 83-2.jpg
ファイル 83-3.jpg

公共工事のご紹介(5)

(4)のつづき・・・

ファイル 79-1.jpg ファイル 79-2.jpg     
ファイル 79-3.jpg ファイル 79-4.jpg

公共工事のご紹介(4)

現在、神奈川県から受注を受け4月から横浜市泉区にある
“県営いちょう上飯田団地”の工事を請け負っております。



今回ヨシオカでは、いちょう団地のうちの2棟70世帯をリフォーム(設備等)をしています。その現在行っている工事の様子をご紹介いたします。



↓↓↓ その様子です ↓↓↓

ファイル 78-1.jpg ファイル 78-2.jpg     
ファイル 78-3.jpg ファイル 78-4.jpg

新築戸建(7)~基礎工事~【久比里Y邸】

コンクリートが固まり、基礎の型枠が外れました。



ファイル 80-1.jpg
ファイル 80-2.jpg




基礎の周りをコンクリートを敷していきます。
こちらの敷地の土の性質は粘土質で、雨が降るとぐちゃぐちゃになります。
そこでコンクリートを敷いてきれいにしました。


ファイル 80-3.jpg
コンクリート敷きの施工前
敷く前にワイヤーメッシュを組みます。コンクリートが割れにくくなるようにです。


ファイル 80-4.jpg
コンクリート打設が終わりました。



ファイル 80-5.jpg
周囲が整備され、作業もし易くなるでしょう(^o^)

新築戸建(6)~基礎工事~【久比里Y邸】

型枠が出来たので立ち上り部分にコンクリートを打設していきます。





ファイル 77-1.jpg
ファイル 77-2.jpg
生コンクリート打設の様子。
こちらもバイブレーターで念入りに空気抜きをします。





ファイル 77-3.jpg
ミキサー車とポンプ車です!




ファイル 77-4.jpg
ファイル 77-5.jpg
基礎の天端を仕上げていきます。

乾燥するまで型枠で固定し養生します。
養生期間は一般的には3~8日程度で、天候や気温によって異なります。

【参考】
・気温15℃以上 → 3日
・気温5℃~15℃ → 5日
・気温5℃以下 → 8日   

項目