記事一覧

現場歳時記TOP

新築戸建(15)~構造用合板張り~【久比里Y邸】

続いて、厚さ12㎜の構造用合板を張り付けていきます。


ファイル 88-1.jpg
構造用合板はJAS規格の物を使用しています。
釘打ちの間隔は横:10cm、縦:15cmになります。



ファイル 88-2.jpg

ファイル 88-3.jpg
構造用合板を張り終わったら、防蟻処理をしていきます。
地面から1.2m以上防蟻剤を塗っていきます。


新築戸建(14)~金物取付②~【久比里Y邸】

ファイル 87-1.jpg
跳ね出しタイプのバルコニーなので補強の為にハンチを取り付けました。


ファイル 87-2.jpg
コーナー部に火打材を取り付けました。
小屋梁の捻じれをこれで防ぎます。ここにも筋交い金物を取付けます。


ファイル 87-3.jpg
ひねり金物を取り付けました。
垂木すべてに取付け、母屋と強く固定されました。
これで強風などで屋根があおられ、吹き飛ばされる事を防ぐことが出来ます。

ファイル 87-4.jpg
細部にもひねり金具が取付けられました。


ファイル 87-5.jpg
これは“鎹(かすがい)”という金物です。
木材と木材をを繋ぎ止める役目をします。

新築戸建(13)~金物取付①~【久比里Y邸】

様々な補強金物を取り付けます。


ファイル 86-1.jpg
梁・柱などのさまざまな箇所に金物を取り付けています。
真ん中の金物は帯金物といい、梁と梁を結ぶ役目をしています。



ファイル 86-2.jpg
大事な箇所は特別な金物を使います。
ここは“箱金物”を使用しています。


ファイル 86-3.jpg
こちらは“羽子板金物”です。幅が広い梁は3ヶ所設置します。

ファイル 86-4.jpg
こちらは“巾広短冊金物”といい、2階梁と2階柱を結びます。



ファイル 86-5.jpg
こちらの箇所も梁・柱ともに2本合わせて施工します。
他社ではあまりこのように施工していません。

新築戸建(12)~防蟻処置・金物取付~【久比里Y邸】

ファイル 85-1.jpg
白蟻予防に防虫剤を塗布しました。
地面から1.2m以上に薬を塗ります。

ファイル 85-2.jpg
ファイル 85-3.jpg
土台・柱・筋交いにエーステンプレート金物を取り付けました。

ファイル 85-4.jpg
火打材とホールダウン金物を取付けました。
火打材は土台のねじれを防ぐ役目があります。
ホールダウン金物は基礎と柱を結ぶ役目があります。

ファイル 85-5.jpg
こちらはエーステンプレートと土台・筋交い・柱を結ぶ金物を取付けました。

新築戸建(11)~上棟~【久比里Y邸】

どんどん組み立てていきます!


ファイル 84-1.jpg
1階部分が組み終わりました。

ファイル 84-2.jpg
小屋組み施工中


ファイル 84-3.jpg
垂木打ちをしています



ファイル 84-4.jpg
野地板、破風板の取付けが終わりました。

新築戸建(10)~上棟~【久比里Y邸】

足場を組み、いよいよ上棟です!


ファイル 81-1.jpg

ファイル 81-2.jpg



ファイル 81-4.jpg
梁組をどうぞご覧下さい。



ファイル 81-3.jpg
こちらの家は荷重がかかる箇所は、二本の梁を合わせて二重にしています。
その下の柱も、二本合わせて上の二本の梁を支える特別な施工をしました。





ファイル 81-5.jpg
土台は白蟻に食べられないように防虫土台となっています。
柱には墨で番付けされています。

新築戸建(9)~土台敷き~【久比里Y邸】

基礎の型枠が外れたので、土台敷きの施工となります。



ファイル 82-1.jpg
ファイル 82-2.jpg





ファイル 82-3.jpg
建てる前に安全に先行足場を組みます

項目